スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GENERATION FORCE考察

2011年04月17日
《ワンダー・ワンド》
装備魔法
魔法使い族モンスターにのみ装備可能。
装備モンスターの攻撃力は500ポイントアップする。
また、自分フィールド上に存在するこのカードの装備モンスターと
このカードを墓地へ送る事で、自分のデッキからカードを2枚ドローする。

魔法使い専用ながら墓守の偵察者からのリクルートや
見習い魔術師からの執念深き老魔術師・水晶の占い師をリバース後に使うなど
無駄なく使えばアドを稼ぎながらドローできる
特に墓守に置いては今秋日本上陸するGravekeeper's Recruiterに使えば2枚ドロー+墓守サーチができる
他には単純に500アップを利用して霊滅術師 カイクウに使えばサイバードラゴンを戦闘破壊しながら
墓地除外できるなど500アップもそれなりに評価できる
図書エクゾに関しては召喚僧サモンプリーストの効果で王立魔法図書館を特殊召喚して召喚僧サモンプリーストに装備効果で2枚ドローしながら魔力カウンターを増やしていける
今まで出てきた魔法使い族のサポートと合わせればそれなりの強さを持ったデッキが作れると思う


《浮上》
通常魔法
自分の墓地に存在するレベル3以下の
魚族・海竜族・水族モンスター1体を選択して発動する。
選択したモンスターを自分フィールド上に表側守備表示で特殊召喚する。

死者蘇生に条件が付いただけでありながら効果範囲が充分過ぎるカード
カエル帝に置いては鬼ガエルの使いまわしができて今までになかった即効性が出てきたと思う
リチュアでもリチュアアビスを蘇生しながデッキサーチなどでき非常に優秀なカードである
前々から何度か書いていたがこのカードによってシーラカンスがまた一歩強くなったと思う
関連記事
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。